専攻科の特色

久留米高専専攻科には下記のような特色があります

  • 少人数定員で充実した教育研究環境
  • 高専本科との継続性を重視した教育
  • 専攻科インターンシップの実施
  • 放送大学や他大学及び他高専専攻科での単位取得
  • 学士号の取得と大学院への進学
  • 社会人の受け入れ

インターンシップ

本科と専攻科で学んだ工学的知識や技術が、実践的にどの程度応用できるかを企業等におけるインターンシップで経験し、実践的技術者としての資質を高めることを目的とする。各学生は企業からの評価を受け、その結果を参考にして、学生の自己啓発および専攻科の教育改善を促します。

機械・電気システム工学専攻

img_feature_intern01img_feature_intern02img_feature_intern03

物質工学専攻

img_feature_intern04img_feature_intern05

創造工学実験

機械・電気システム工学専攻

工学に関するテーマを学生自身で立案し、それを解決するための計画、実験、評価を各自で行い、自主性、創造性ならびに行動力の向上を目的としています。

img_feature_experiment01img_feature_experiment02img_feature_experiment03

物質工学専攻

生化コース:
与えられた研究テーマではなく、自主的にテーマを企画立案し、創造的かつ継続的に実施し、プレゼンテーション、報告書(必要に応じて特許)にまとめることができる能力の育成を目的としています。

材料コース:
中学生を含む低学年に対して材料工学に興味を抱くような実験テーマを学生自身で立案し、その実験の計画作成、スケジュール化、実験の遂行、結果評価を各自の判断で行い、自主性、創造性、調査能力、行動力、プレゼン能力およびチームによる実験演示能力の向上を目的としています。

目で感じる材料の不思議(動画)(平成27年度 日本金属学会 World Materials Days Award 優秀作品)

img_feature_experiment04img_feature_experiment05

産業デザイン演習

産業デザイン演習は平成28年度入学生から廃止科目となりました。現在は開講されていません。

商品企画から商品サーベイ、商品研究、市場化を踏まえた実際の商品化提案までのプロセスをグループ単位での演習により修得します。
社会的に要求される商品を自ら求め、そのニーズに相応しい商品を技術解析、情報収集を基にして具体化することを目標に、グループでの作業により計画的・継続的に仕事を進める責任感を養います。またプレゼンテーションにおいて、資料のまとめ方、口頭発表能力やコミュニケーション能力を高めることも行います。
全体を通じて次のような能力を身に付けます。

1.商品の企画から最終デザインまでのプロセスの理解能力
2.グループワークによるメンバー同士のコミュニケーション能力
3.自らの企画を効果的に伝達するプレゼンテーション能力
4.自律的・計画的に作業を推敲する能力
5.アイデアを具現化する創造力と編集力

特別講義

専攻科では、大学、大学院やその他の研究機関で最先端の研究に取り組んでおられる方々に、研究の紹介やご専門分野に関して講義頂く特別講義を開催しています。これらは、単独の講演としてばかりでなく、専攻科1年生の必修科目の先端工学特論での先端性の高い講義に組み入れたり、各コースが夏季に集中講義として開催するサマーレクチャーでの国内外の専門家による講義としても取り入れて、多様で高度な研究や技術を学ぶ機会の充実を図っています。