田中大ブログ

トップページ » スタッフ紹介 » 田中大プロフィール » 田中大ブログトップ

移行します

  • 2013年4月 8日 09:07
色々考えていましたが、この際思い切ってブログを移行することにいたしました。
またこっちに戻ってくるかもしれませんが。
学科のホームページからのブログのリンクはとりあえずこちらにしておきます。

新しいブログはこちらからどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/tanakanoh

では、これからもよろしくお願いいたします。

来週から大忙し?

  • 2013年4月 5日 11:48
新年度が始まりましたが、今日までは助走期間というのでしょうか。
来週から始まる入学式、始業式、授業の準備に追われていますが、来週からはいよいよ学生たちがやってきます。
入学式に出席すると、また今年も1年が始まったんだな~、という気がして、卒業式を迎えると、また今年も1年が終わったんだな~、と思います。

ということで、来週月曜日にまた、今年も1年が始まったんだな~、と感じるのでしょう。

毎年、同じことの繰り返しのようで、でも、自分も少しずつ成長して色々と感じ方や学生への接し方も換わり、1年ずつ年を取っていきます。

今年も1年、少しだけでも成長しないと。

ブログの移行

  • 2013年4月 4日 09:00
多分、近日中にブログを移行すると思います。
とはいっても、今までの内容をそのまま移行するわけではなく(技術的にどうやればいいのか分かりませんので)、これまでのブログはそのままにして、新しいのはフリーのブログに書いていこうかな、と思っています。
ということで、実質的には何も変わらないのですが。

帰省した折、母親や叔母(ともに60代)と会ったのですが、二人ともブログをやっていてびっくりしました。
(母親がブログをしているのは前から知っていたのですが。)
しかも、二人ともかなり頻繁に更新していて、ブログの写真を撮るために結構アクティブに活動している模様でした。
昔で言う交換日記がデジタル化されたような感じでしょうか。
年を取るとデジタル機器から遠ざかったりしそうですが、二人ともパソコンやスマホを駆使していて、やるな~という感じでした。

ブログを移行してもそれほど様変わりすることも無さそうですが、このブログも数年してきたので、模様替えをして気分転換もいいかな、と思います。

お久しぶりです

  • 2013年4月 3日 09:27
新年度が始まりました。
来週には入学式、始業式があり、新年度ムードが一気に高まります。
今はまだ、それほど新年度という感じもしませんが、それでも、新しい教職員が赴任され、なんとなく新年度だな~、という感じです。

私の方はというと、せっかくの子供の春休みということで、有給を使って久しぶりの里帰りをしてきました。
たまには子供にばあちゃんの顔を見せておかないと、と思い、帰ってきました。
が、連日の高速道路の運転でかなり疲労困憊です。

初日:八女(福岡) → 臼杵(大分) → 八幡浜(愛媛) → 松山(愛媛)
2日目:松山(愛媛) → 淡路島(兵庫)
3日目:淡路島(兵庫) → 京都市 → 美山(京都)
4日目:美山(京都) → 京都市 → 淡路島(兵庫)
5日目:淡路島(兵庫) → 高松(香川) → 松山(愛媛)
6日目:松山(愛媛) → 八幡浜(愛媛) → 別府(大分) → 八女(福岡)

という感じで、毎日が移動でした。
ま、久しぶりに実家にも帰れたし、子供たちもばあちゃんと過ごせて楽しかったようです。

そして、久しぶりに出勤すると、当然のごとく仕事の山が待っていて・・・
これから、3倍速くらいで動かないといけなさそうです。

卒業生たちも、今週からの仕事を頑張っているのでしょうか。
学生気分を抜いて、社会人としてしっかりと働いてくれることを願って。

ブログの構成

  • 2013年3月27日 09:44
ブログを書いていますが、他人のブログも結構読んだりします。
で、自分のブログの構成を見直してみると、イマイチですね。

他のブログだと、下まで記事を読んでいったら、「次へ」のボタンを押すとさらに過去の記事が見れたりします。
また、新着コメントも表示できたりします。
(コメントの少ないこのブログにはあまりいらない機能ですが。)
あとは、カテゴリやタグなんかも付けられるようになっています。
(このブログのカテゴリの機能が悪くなっているようで、最近はカテゴリ分けもできません。)

自分でそういう設定が出来ればいいのですが、このブログのプログラムは自作したものではないため、ソースコードを読んでもさっぱり分からず、全く手の打ちようがありません。
多分、数ヶ月かければ出来るかもしれませんが、このことにそれだけの時間を割く余裕もありません。

「どうしたらよか~?」と、機械工学科のホームページ管理者に聞いたところ、「フリーのブログに移行した方が何かと設定が便利になるんじゃないかな」とのこと。
ま、確かにその方が使い勝手がよさそうです。

ただ、学校の個人名を出しているブログということで内容にブレーキをかけていることもあり、フリーのブログにするとろくでもないことを書いたりして、問題になったら面倒だな、とも思います。
いっそ、匿名のブログにすればいいのかもしれませんが、それでは久留米高専機械工学科を宣伝することもできませんし。

ということで、しばらくはこのままで行きたいと思います。

在校生、卒業生、中学生、保護者、地域の方に、何かいいお知らせが出来ればいいのですが。

今年度総決算(研究)

  • 2013年3月26日 08:43
今年度も残すところあとわずかです。
ということで、今年度の研究活動の総決算でもしておきます。

掲載論文:2本(ただし、投稿したのは昨年度)
掲載予定論文:2本(今年度投稿して、おそらく来年度掲載)

ここ数年で最も少ない論文数となってしまいました。
ちょうど、研究のネタに困っていた時期なので、ま、しょうがないかな、という感じです。
でも、やっぱり少ないな~。
来年度もこれ、というネタが今のところないため、何とか打開しなければなりません。
来年度の課題ですね。

査読件数:20本(9種類の雑誌の合計)
昨年度は査読件数が23本だったので、こちらのほうは微減ですね。
査読依頼自体は、多分この倍くらい来ていたのですが、専門外として断りました。
査読は、いくらしても「この雑誌からのをこれだけしましたよ」と公表できないため(公表してもいいのか分かりません)、研究業績にならないのが辛いですね。
完全にボランティアというか。
ただ、うれしかったのはDesalinationという雑誌から、「Certificate of Excellence in Reviewing」という賞(?)をもらったこと。
調べてみると、Reviewerへのちょっとしたお返しとして、Elsevierという出版社が今年から始めた企画のようです。
多分、各雑誌から25名の優れたReviewerに贈っているようなので、私もその中の一人に入ったようです。
国際的な雑誌が選ぶ25名の優れたReviewerの一人、と考えるとちょっといい気分ですね。
でも、他人の論文を査読するより、やっぱり自分の論文を書くほうが楽しいですね。

ということで、今年度はあとわずかですが、来年度のために研究のネタを考えつつ、来年度はさらにいい研究をしていきたいものです。

教員室大掃除

  • 2013年3月25日 09:20
先週は時間に余裕があったので、教員室の大掃除をしました。

小学校、中学校、高校は職員室があり、教員個別の部屋は無いと思いますが、高専は(学校にもよると思いますが)教員一人ずつ、個人の教員室があります。
ということで、私にも教員室があり、建物の改修以来使い続けているので、もう10年ほど同じ部屋にいます。

10年もいると、昔の書類や、使わなくなった道具類などがどんどんたまり、ただでさえ狭い部屋の中がさらに狭くなってしまいます。
また、試験の答案などもずっと溜め込んでいてもしょうがないため、定期的に処分する必要があります。
さらに、年度末にその年度の試験の答案や提出レポートを整理しておかないと、次年度のものと混じってしまって、整理が困難になります。

というわけで、色々と整理してみました。

捨てる書類は捨て、答案をファイリングして、レポートをまとめ、使わなくなったものを捨てると、部屋の中が結構片付きました。

やっぱりたまには片づけをすると気持ちいいですね。

論文アクセプト

  • 2013年3月22日 09:40
久しぶりに論文が掲載可となりました。
以前に別の雑誌でリジェクトを出された論文だったのですが、ある雑誌から「再生可能エネルギによる淡水化」の特別編を出すので、投稿しませんか?というお誘いがあったので、出してみました。
査読は6月頃に始まるということだったので、気長に待とうかな、と思っていたら、昨日結果がやってきました。
レビュアーのコメントを見ると、「よく書けている」「素晴らしい」とのことで、ほんまかいな?という感じですが、それほどレベルの高い雑誌でもないのでこんなものかな、という気もします。

学術誌は以前に比べると桁違いに増えてきて、レベルもそれこそピンキリになっています。
雑誌のレベルを判断するのは非常に難しく、専門外の雑誌になるとほとんど判断不可能になります。
それでも目安の一つとなるのが、IF(インパクトファクター)がついているのかどうか、また、IFが高いのかどうか、という点です。
IFがついていない雑誌は、ある場合では全く信用されなかったりしますし、ついていてもIFが低ければ相手にされなかったりします。
私も、投稿する際は最低限IFがついている雑誌を選ぶようにしていますし。

今回掲載が決まった雑誌は、まだこのIFがついていないのですが、2013年の中頃につくらしく、それならいいかな、と思って投稿しました。

ま、なにはともあれ論文の掲載可(アクセプト)が来て、ちょっとうれしいです。
もっと論文書きたいな。

別離

  • 2013年3月21日 10:35
会うは別れの始まり、という言葉は、私が高専を卒業する時に陸上部の恩師から聞いた言葉です。
今思い返しても、高専の5年間は非常に濃密で、部活動や受験などで自分の能力が一番伸びた時期でした。
それだけに高専の卒業はとても寂しいものがあり、「会うは別れの始まり」という言葉を一番最初に実感した時でした。

高専で働いていると、まさに毎年が会うは別れの始まりで、4月に新入生が入学してきて、3月には5年生が卒業していきます。
毎年毎年、新しい学生と出会い、そして馴染んだ頃に卒業していきます。

教職員も、定年を迎えたり、あるいは新しい職場に転勤したりして、何人かは退職されます。
機械工学科からも、今年は2名の先生が退職されます。
会うは別れの始まりだな~、と思います。
寂しいですが、人生は出会いと別れの連続なので、仕方のないことですね。

私も気付いたらもう40歳になっています。
卒業式に出たのも12回!
いったん別れた卒業生も、たまに学校に来てくれて、元気な顔を見せてくれます。

会うは別れの始まりですが、せっかく会えたご縁を大切にして、またどこかで再会できる時にはお互い元気な顔であいたいですね。

小学校はお休み

  • 2013年3月19日 09:05
今日は小学校は卒業式らしく、子供たちは学校がお休みでした。
卒業生(6年生)と5年生のみが卒業式に出席だということです。
明日も休みなので、2連休。さらに、木、金に学校に行けば、あとは春休み。
小学生っていいな~。
大人は仕事ですね。

話変わって、畑はいよいよ春が来て雑草がはびこってきたのですが、花粉症の恐怖でなかなか手入れができませんでした。
その結果、荒れ放題になっています。
せっかく育った大根も未収穫で、菜の花が咲く始末。
玉ねぎも雑草に囲まれて、もはや見えないような状況です。
また、遊ばせている部分にも雑草がわんさか生えてきています。

明日はせっかくの休みの日なので、玉ねぎ周りの雑草を抜いて、大根の葉っぱを切って、そして、久しぶりに耕運機を動かそうかと思います。
本当はちょくちょく手入れをするだけで、結構いい感じの畑になるはずなのですが。
なかなか無精者には難しいですね。

あと、今シーズンはジャガイモを植えるのを忘れていて、この前に散歩した時にジャガイモの芽が出ているのを見て、「忘れてた!」と思い出す始末。
ジャガイモはコンスタントに収穫できるいい作物なんですが。