研究者情報

研究者情報

材料システム工学科 清長友和

顔写真 研究者情報
研究者情報PDF 研究者情報PDF研究者情報PDF 研究シーズPDF 研究シーズPDF研究シーズPD>
氏名(日本語) 清長 友和
氏名(英語) KIYONAGA Tomokazu
所属(日本語) 材料システム工学科
所属(英語) Dept. of Materials System Engineering
専門分野(日本語) 材料化学
専門分野(英語) Materials Chemistry
主な研究業績

1・ Dependence of crystal size on the catalytic performance of a porous
coordination polymer (Chem. Commun., 2015, 51, 2728-2730)
2・ Metal Oxide-Supported Gold Nanoparticles
(Lambert Academic Publishing (LAP), 2012)
3・ Au nanoparticle electrocatalysis in a photoelectrochemical solar cell using
CdS quantum dot-sensitized TiO2 photoelectrodes (Chem. Commun., 2009,
2011-2013)
4・ Size-dependence of Fermi energy of gold nanoparticles loaded on titanium (IV)
dioxide at photostationary state (Phys. Chem. Chem. Phys., 2008, 10, 6553-
6561)

コメント

当研究室では,各種無機材料の粒子サイズ制御ならびにそれに伴う特性の変化について検討を行っております.
具体的には,多孔性金属錯体の熱触媒活性に関すること,ならびに各種担体に担持された金属ナノ粒子の熱触媒活性・光触媒活性に関することについて検討を行っております.

研究キーワード

多孔性金属錯体/多孔性配位高分子,熱触媒,光触媒,ナノ粒子,電気化学

研究シーズタイトル

各種無機材料の粒子サイズ制御ならびにその特性の評価

  • 研究者プロフィール
  • 研究者情報・研究シーズ検索
  • 研究者情報・研究シーズ一覧
  • 研究者・シーズ検索

久留米工業高等専門学校 産学民連携テクノセンター

Copyright © 2011 Kurume-NCT Regional Collaboration Technology Center, All Rights Reserved.