材料プロセス工学研究室(岩田 憲幸 准教授)

h_ttl_labo

材料プロセス工学研究室(岩田 憲幸 准教授)

研究分野

 構造・機能材料、原子力工学、生体材料学

研究概要

 限りある資源を有効に活用し、産業の発展と生活の質(QOL)の向上に貢献するためには、エネルギーシステムの高度化・高効率化やワークライフバランスの最適化が不可欠です。「物質・生命・環境」が調和した持続可能な社会の構築に向けて、その基盤技術である材料工学への期待は大きく、高い安全性と信頼性を追求した革新的な材料開発が求められています。本研究室では、高性能な先進構造・機能材料の創製を目指し、金属、セラミックス、およびそれらのコンポジット(複合材)からなるエネルギー材料やバイオマテリアルの研究開発を進めています。具体的には、既存原子炉の安全性向上と次世代原子力システム実現の鍵となる原子力材料や核融合炉材料、インプラント治療や再生医療におけるQOL改善のための硬組織代替デバイスなどを対象に研究を行っています。

研究テーマ

・次世代エネルギーシステム用高性能ナノ構造合金の創製
・微細組織制御による合金、セラミックスなどの特性向上
・金属系インプラント材料への生体活性化技術の応用展開
・セラミックス系生体材料の低温合成と多機能化など
粉末冶金技術を用いた「酸化物分散強化(ODS)合金」被覆管の創製プロセス
メカニカルアロイング処理された ODS 合金粉末の断面組織
ナノサイズの酸化物粒子を分散させた ODS 合金の微細組織
非対称交流(AC)電解によりチタン(Ti)金属に創製されたナノ多孔質表面層
擬似体液(SBF)中で上のナノ多孔質表面層に形成された骨類似アパタイト
SBF 中で CaO-MgO-SiO2 系セラミックス表面に形成された骨類似アパタイト
SBF 中で CaO-MgO-SiO2 系セラミックス表面に形成されたアパタイトの生成機構