イベント情報

イベント情報

「2015年11月」アーカイブ

平成27年度久留米工業高等専門学校社会人向け公開講座
第25回3D-CAD公差設計基礎講座

 

ものづくりにおいて、穴と軸が互いにはまりあう関係を「はめあい」と言い、許容される誤差の範囲を「公差」と言います。

部品を加工する際、厳密には図面の寸法通りには製作できません。そのため、寸法のズレがどのくらいまで許容されるのか、また形状や位置のひらきの許容範囲を設定することにより「公差」を「設計」します。公差を設計することで加工のばらつきの許容値を設定して不良品を排除し、部品がきちんと機能する、よりよい設計が可能となります。

本講座では、社内外で様々な要求があると考えられる公差設計について、公差の背景と理論的裏付けを学びながら、図面の寸法に対して許される誤差の範囲を設定する寸法公差を中心に、①公差に関する基礎理論の説明、②手計算による公差解析演習、③3D-CADソフト(Solid Works TolAnalyst)を用いた公差設計演習を行います。



1.開催日時:平成27年12月3日(木)  9:30~16:00

2.主催:久留米工業高等専門学校 機械工学科
2.共催:日本機械学会九州支部 日本設計工学会

3.開催場所:久留米工業高等専門学校 機械・材料工学科棟2階 CAD/CAE演習室

4.対象者:社会人(一般企業)

5.募集人員:20名(定員になり次第締切)

6.受講料:6,400円

7.申込方法:FAXにて申込み

  FAX申込用紙(Excel):H27-25-moushikomi.xlsx

  ※申込用紙の保存がうまくいかない場合、上記リンク先を右クリックして、
    「対象をファイルに保存」「名前を付けてリンク先に保存」などを選択して下さい

  保存できない場合申込用紙(PDF)をご利用下さい:H27-25-moushikomi1.pdf

8.申込先:
  〒830-8555 久留米市小森野1-1-1
  久留米工業高等専門学校 総務課 総務係
  FAX:0942-35-9307 TEL:0942-35-9430 

-------------------------------------------------------------------------------------

設計やCADに興味がある方や「公差って何?」「公差設計??」と思っている方に、

基礎理論や活用方法について知って頂くための基礎講座です。

初心者から参加可能ですので、興味のある方は是非ご参加ください。

--------------------------------------------------------------------------------------

H27-25CAD.jpg

久留米工業高等専門学校 産学民連携テクノセンター

Copyright © 2011 Kurume-NCT Regional Collaboration Technology Center, All Rights Reserved.