第6回 ゴムの実践技術講座(実習)を開催しました

平成30年9月3日(月)から6日(木)にかけて、久留米高専において、第6回ゴムの実践技術講座(実習)(主催:一般社団法人日本ゴム協会九州支部)を開催しました。

対象は、実務経験1年未満の社会人ゴム技術者や大学・大学院でゴムの研究に従事する学生で、講師を本校生物応用化学科渡邊准教授、神野技術職員が務めました。

講座は、「ゴム技術のファーストステップ講座-基礎から実践まで ゴム材料の奥深さを知る」をテーマに開催され、開講式のあと、4日間かけて、ゴム材料に関する基礎的概念から、配合組成の検討、ゴムコンパウンドの調製、加硫評価、各種物性評価に関する実習を行い、最終的に、実習成果報告書を作成しました。最終日には、閉講式が行われ、本校三川校長から受講生に修了証書が渡されました。

実習の様子

実習の様子

成果報告会の様子

全体集合写真