九州沖縄地区高専技術振興会サミットin KURUMEが開催されました

10月19日(土)に久留米シティプラザにおいて、九州沖縄地区の9高専及びその技術振興会等が一堂に会し、九州沖縄地区高専技術振興会サミットin KURUMEが開催されました。このサミットは、各高専と技術振興会単位の枠を超え、地域企業間や企業・高専間の連携強化、新しい産業の創出、地域産業の振興等を目的としたもので、九州沖縄地区から約150名が久留米の地に集いました。

サミットは、主管校である三川譲二久留米高専校長の開会の言葉で始まり、日野伸一大分高専校長による主催者挨拶、谷口功国立高専機構理事長の挨拶の後、地元選出の衆議院議員で「高等専門学校を考える議員連盟」所属の鳩山二郎氏、経済産業省九州経済産業局地域経済部長松下達也氏、久留米市長大久保勉氏から来賓挨拶をいただきました。その後、二橋岩雄元トヨタ自動車九州株式会社取締役会長の基調講演、3件の連携事例紹介、国立高専機構安藤真理事による高専の産学連携の取組みの紹介、休憩をはさんで「技術振興会と高専連携による持続可能な地域未来の創成」をテーマとしたパネルディスカッションへと続きました。最後に、九州沖縄地区高等専門学校技術振興会サミットin KURUME 宣言(久留米宣言)が満場一致で採択され、江﨑尚和有明高専校長が閉会の言葉を述べました。サミットの開催により九州沖縄地区の9高専と約900に及ぶ技術振興会会員の連携がより一層強化されました。

サミット会議後の情報交換会では、和やかな雰囲気の中、情報交換と親睦交流が行われ、全国の高専の歴史の中で初めての試みである高専技術振興会サミットは、盛会のうちに終了しました。

開会の言葉
( 三川久留米高専校長 )
主催者挨拶
( 日野大分高専校長 )
国立高専機構挨拶
( 谷口国立高専機構理事長 )
基調講演
( 二橋 岩雄 氏 )
連携事例紹介
( 津福工業株式会社 平川 氏 )
高専の産学連携取組みの紹介
( 安藤高専機構理事 )
パネルディスカッション サミット(久留米)宣言
( 小袋助教 )
閉会の言葉
( 江崎有明高専校長 )
技術振興会のポスター展示 情報交換会の様子
( 保存会による筑後酒造り唄の披露 )

 

<本件担当>
研究推進係
0942-35-9303