生物応用化学科松山准教授、制御情報工学科松本准教授がイノベーション・ジャパン2015に出展しました

科学技術振興機構(JST)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催のイノベーション・ジャパン2015~大学見本市~が、8月27日(木)、28日(金)の2日にわたり東京ビッグサイトにおいて開催されました。

このイベントは、今年で12年目を迎え、過去にも数多くの大学等の研究シーズが企業関係者に発表・展示されており、これを契機として共同研究や技術移転、ライセンス供与が行われています。

今年も、500を超えるベンチャー企業や大学等が参加し、ビジネスマッチングの促進を図るため、研究成果や開発技術の展示、プレゼンテーションやセミナー等の情報の発信を行いました。

久留米高専からは、松山清准教授(生物応用化学科)が「超臨界流体法による多孔性配位高分子への金属ナノ粒子触媒の分散固定化」、また松本光広准教授(制御情報工学科)が「鏡面の三次元位置および面法線方向の多点同時測定」と題して、パネルや測定装置を使った出展を行い、多くの来場者から熱心な質問を受けていました。

H27-inov01

質問を受ける松本准教授(制御)

H27-inov02

ショートプレゼンを行う松山准教授(生化)

H27-inov03

説明を行う松山准教授