カテゴリー別アーカイブ: 報告

お知らせのうち「報告」の内容です。

生物応用化学科 渡邊准教授が第8回ものづくり日本大賞で優秀賞を共同受賞しました

本校生物応用化学科の渡邊准教授が、「第8回ものづくり日本大賞」において、製造・生産プロセス部門の「優秀賞」を共同受賞しました。

「ものづくり日本大賞」は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、新たな事業環境の変化に柔軟に対応しながらさらに発展させていくため、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する内閣総理大臣表彰の制度です。

渡邊准教授は、中島ゴム工業株式会社(福岡県久留米市、代表取締役社長 中島幹雄 氏)が中小企業庁「戦略的基盤技術高度化支援事業」の採択事業として実施された研究開発事業に参画し、同社及び福岡県工業技術センターと産学官共同研究を行ってきました。
今回、共同研究の成果が評価され、中島ゴム工業株式会社 中島代表取締役社長をはじめ、同社及び福岡県工業技術センターの研究者等とともに「防振ゴム製品製造におけるVOC排出ゼロと製造コスト削減を実現する加硫接着プロセス」の優秀賞受賞に至りました。
金属とゴムを接着する加硫接着工程において、加硫接着剤を離型フィルム上に成形することでVOC(揮発性有機化合物)を排出しない工法を開発したもので、環境汚染や作業者の健康被害の防止、さらに、導入企業の製造コスト削減も実現させました。

 

三川校長、中武産学民連携テクノセンター長への受賞報告の様子

 

第8回ものづくり日本大賞
https://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html

広報くるめ 4~5ページ(久留米市HP)
http://www3.city.kurume.fukuoka.jp/shisei/

 

〈本件担当〉
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333

令和元年度卒業式・修了式を挙行しました

令和2年3月13日(金)10時より、令和元年度卒業式・修了式を挙行しました。新型コロナウイルス感染症への対応により、今年度の式典は卒業生、修了生及び本校教職員のみで行い、卒業証書・修了証書授与も、各学科、専攻の総代のみ氏名を読み上げる等時間を短縮しての実施となりました。

また、会場の第1体育館入口でのアルコール消毒、マスクの着用、会場の十分な換気等、感染防止を徹底しました。

三川校長は、告辞の中で、「新型コロナウイルス感染予防という社会的責任と列席者の皆さんや学生・教職員の皆さんの安全を考え、断腸の思いで決断しました。異例尽くしの卒業式・修了式になってしまったことについて言葉もありません。…技術科学を学んだ卒業生・修了生の皆さんの中から、将来、何らかの形で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の効果的な診断方法の確立やワクチンの開発と実用化など人類史的な事業に貢献される人が現れることを願う」と述べました。

教職員が見守る中、所定の課程を収めた本科生177名、専攻科生39名が本校を巣立って行きました。

各学科総代への卒業証書授与 校長告示の様子

 

●併せてご覧ください。

国立高等専門学校機構谷口理事長からの卒業式・修了式祝辞

国立高等専門学校機構谷口理事長からのビデオレター

 

<本件担当>
総務課総務係
電話:0942-35-9304

本校水泳部及び機械学科のOBの皆様からのご寄附によるハナミズキ植樹を行いました

2月21日、久留米高専において、本校水泳部OB(9期から14期卒)及び機械学科OB(12期卒)の皆様からの寄附金(久留米高専基金)により購入したハナミズキについて、水泳部OB代表者の皆様と一緒に植樹祭を行いました。

本校校門付近の環境整備として植樹したもので、晴天に恵まれ、OB代表者の森 秀樹様外3名の方々と、本校校長外数名の教職員と一緒に、和やかな雰囲気の中、植樹際を行いました。

OBの方々は新築されたプール設備などをご見学され、植樹際の後、校長室にて久留米高専談義に花を咲かせました。

出席者全員での記念撮影

 

〈本件担当〉
総務課総務係
電話:0942-35-9304

「高専ハカセ塾」が「第2回小・中学生ジュニア学会」を開催しました

1月25日(土)、久留米シティプラザにおいて、「第2回小・中学生ジュニア学会」を開催しました。

JSTジュニアドクター育成塾「高専ハカセ塾」の令和元年度の合同成果報告会として開催したもので、久留米高専及び有明高専、熊本高専の高専ハカセ塾受講生並びに仙台高専ジュニアドクター育成塾の受講生ら44組がポスターによる研究発表を行いました。
同会場にて開催された「第25回高専シンポジウム in Kurume」の一般公開企画として開催し、全国の高専の学生や教職員、一般の方々にも来場いただき、受講生は多くの来場者を前に堂々と発表していました。来場者から専門的な質問や助言を受けたり、他高専の受講生と交流を深めたりと、今後の研究の糧となる有意義な報告会になりました。
なお、ポスターの内容や説明に対し審査が行われ、久留米高専会場の受講生も優秀賞、奨励賞を受賞しました。

また、ポスター発表後には久留米高専 松田特任教授による講演「和算への招待」を実施し、受講生は、興味深く聴講していました。

(ポスター発表の様子) (ポスター発表の様子)
(ポスター発表の様子) (松田特任教授の講演)
(表彰式) (参加者皆で記念撮影)

 

―「高専ハカセ塾」とは―
高い意欲や能力を有する小中学生を発掘し、次世代科学技術を担う傑出した人材を育成することを目的としたプログラムで、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「ジュニアドクター育成塾」の採択事業として、有明高専・熊本高専・久留米高専の合同企画により実施しています。

公式HP:http://www.ie.ariake-nct.ac.jp/hakase/

 

〈本件担当〉
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333

株式会社ケンコントロールズ様から実習器具を寄贈いただきました

令和2年1月17日、久留米高専において、株式会社ケンコントロールズ(久留米市)からの寄附物品の寄贈式を挙行し、株式会社ケンコントロールズ 代表取締役社長 田端秀丞 様から本校に、はんだこてセット及び吸煙器が寄贈されました。

株式会社ケンコントロールズは、久留米高専の技術振興会であるテクノネット久留米の会員であり、これまでも本校の教育研究の発展にお力添えいただいていましたが、さらに今回、本校の教育環境の向上に資するためとして、西日本シティ銀行の地域応援私募債「つなぐココロ」の発行によりはんだこてセット等の基礎的な実習器具を寄贈いただいた次第です。

寄贈いただいた器具は、電気電子工学科において、学生の実験実習や公開講座に際して大切に活用いたします。

(左)田端代表取締役社長 (右)三川校長
出席者全員で記念撮影 寄贈されたはんだこてセット及び吸煙器を囲んで
(右端 越地電気電子工学科長)

 

<本件担当>
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333

学生寮にて新成人を祝福しました

令和2年1月8日(水)、令和元年度学生寮成人式を開催し、40名(うち海外からの特別聴講学生1名)の成人を、寮生及び寮務関係の教職員で祝福しました。

式では、下級生を代表して寮長から祝辞があり、その後、前寮長である5年生が新成人代表として謝辞を述べました。両者とも、ユーモアの中に今後の寮運営について考えさせる、素晴らしい挨拶でした。

自由には責任を伴うことについて、中嶌寮務主事から新成人へ激励の言葉が贈られた後は、和やかな食事会となりました。これから就職や進学を予定している上級生は特に、残り少ない寮生活を惜しむように、次から次へと会話が弾んでいました。

新成人へ記念品(複合筆記具)の贈呈 主事から新成人への挨拶

 

<本件担当>
学生課寮生活支援係
電話:0942-35-9463

女性対象の教員職体験インターンシップを実施しました

令和元年12月18日から20日にかけて、久留米高専において高専教員職体験インターンシップを実施しました。

本インターンシップは久留米高専及び高専教員という職業について知ってもらうことを目的として、(1)ポストドクターの女性(2)大学院博士課程(修士含む。)在学中の女性(3)博士号を持つ社会人の女性を対象に毎年実施しているものです。

今回の受入学科である一般科目(理科系)が中心となり、生物応用化学科など他学科の協力も得て、校内見学、授業見学、学生へ研究内容のプレゼンテーション、実際の授業体験、寮・部活見学などを計画・実施し、高専教員という職業を体験してもらいました。

実習項目として、学科教員とのランチミーティングや女性教員との懇談などの時間をとり、久留米高専での教員生活について実体験を聞き、参加者に高専及び高専教員のことを知ってもらう機会も設けられました。

授業体験 研究内容プレゼンテーション
女性教員との懇談

 

<本件担当>
総務課人事・労務係
電話:0942-35-9305

西日本新聞社の方をお招きし、広報活動に関するワークショップを開催しました

令和元年12月19日(木)久留米高専において、本校の広報活動に関するワークショップを開催しました。

西日本新聞社久留米総局長 濵田 耕治様を外部講師としてお招きし、本校の広報活動について新聞記者として見た切り口からのご講演を頂きました。
その後、参加した教職員が実際に記事の一段落目や見出しを執筆する事や、自分が広報担当であれば、本校の魅力をこんな見出しでリリースする、といったワークショップを行いました。

参加者全員が広報担当者になった気持ちで臨み、様々な質疑応答が行われ、本校の広報力が向上するワークショップとなりました。

 

講師としてお招きした濱田総局長
講演を熱心に聞く参加者たち ワークショップでの質疑の様子

 

<本件担当>
総務課総務係
電話:0942-35-9304

 

第56回九州沖縄地区高専体育大会ラグビーフットボール競技で久留米高専が優勝しました

去る令和元年11月9日(土)~12日(火)、鹿児島県立サッカー・ラグビー場にて第56回九州沖縄地区高専体育大会ラグビーフットボール競技が開催され、本校は10年ぶり17回目の優勝を果たし、9年連続31回目の全国大会出場を決めました。

この優勝について、本校ラグビー部主将 江島 収さんが以下のようにコメントしています。

『今回、第56回九州沖縄地区高専ラグビーフットボール大会に出場し、優勝することができました。去年の大会では、決勝で佐世保高専と対戦し、悔しい負け方をしていました。また、去年から、チームは上級生が減り下級生主体のチームに移り変わっていました。そこで、部員間でチーム・ゲーム分析を行ったところ、攻撃力不足が課題という結論に至りました。よって、その攻撃力強化を練習の目標に掲げて練習プランを考え、良い状態で大会に臨むことができました。
決勝戦の前半では、自分たちの練習してきた成果を出すことができ、試合の流れを掴むことができました。これが勝利につながったと思います。しかし、内容は完全ではなく、試合中のミスも目立ちました。これからもこの結果におごることなく、目標である1月の全国大会優勝に向けてチーム一丸となり頑張っていきます。
最後になりましたが、日頃よりご指導、ご支援を頂いている先生、OBの方々、コーチ、学生課をはじめとする学校の方々、そして周りの皆様へ感謝いたします。これからもご期待に添えられるよう頑張っていきたいと思いますので、引き続き応援のほど,宜しくお願いいたします。』  主将 江島収 (機械工学科5年)

久留米高専の全国大会初戦(対津山高専)は、令和2年1月5日12時20分から兵庫県の「神戸総合運動公園ユニバー記念競技場」で開催されます。

悔しい経験を糧に地区大会優勝を掴み取り、スポーツマンとしても大きく成長した久留米高専ラグビー部の全国大会での活躍に大いに期待します。

桜島をバックにトロフィー・賞状を掲げるラグビー部および関係者 一同

 

<本件担当>
学生課学生生活支援係
電話:0942-35-9317