カテゴリー別アーカイブ: 報告

お知らせのうち「報告」の内容です。

夏季一斉休業の実施について(お知らせ)

 本校では、夏季一斉休業を実施しており、本年度は下記のとおり実施致しますのでお知ら
せ致します。
 休業中は、業務を停止致しますので、ご用のある方は、休業期間以外の平日にご連絡をい
ただきますようお願い申し上げます。
 ご不便をおかけ致しますが、ご理解、ご協力を賜りますようお願い致します。

                    記

 夏季一斉休業
  平成30年8月13日(月)から平成30年8月15日(水)の3日間

 緊急連絡先 :0942-35-9320(守衛室)

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)を実施しました

久留米高専では、国立研究開発法人科学技術振興機構の日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)として、平成30年6月17日より、タイのキングモンクット工科大学ラカバン校、カセサート大学の学生を招へいし、6日間の交流プログラムを実施しました。
プログラム期間中は、招へい学生と本校学生との共同演習を行い、英語の授業における本科生との交流や、専攻科生との技術英語の授業では研究内容等に関する英語での発表に参加しました。
さらに、プログラミングラボ部やロボットコンテスト部との学生交流も実施され、ものづくり教育センターも見学しました。
また、学外見学では、安川電機,トヨタ自動車九州へ産業ロボットや機械工業に関する工場見学のほか、福岡県立青少年科学館を見学しました。
最終日の修了式では、三川校長から招へい学生へ修了証書の授与ののち、三川校長と招へい学生との懇談が行われ、学生からこのプログラムへの感想などが述べられました。
この事業を通じ、海外の大学との良い国際交流の場となり、招へい学生や本校学生も素晴らしい刺激を受けたことと思います。




交流事業の様子

<本件担当>
総務課総務係
電話:0942-35-9304

外国人留学生歓迎会を開催しました

平成30年6月25日(月)、本校ウェーブホールにおいて、外国人留学生歓迎会を開催しました。
三川校長の歓迎の挨拶のあと、学生会長、寮生会長から歓迎の言葉が贈られ、新入生外国人留学生2名は、それぞれ自己紹介・抱負を述べました。
歓迎会には、三川校長、外国人留学生委員会委員、鴨川日本語担当教員、在籍する外国人留学生、日本人チューター、学生会、寮生会、学生課職員が出席しました。
日本人チューターの自己紹介では、「長期休暇中に外国人留学生の母国にホームスティさせてもらった」等話があり、短い時間ではありましたが、外国人留学生と交流を深めることができ、
和やかな歓迎会になりました。

<本件担当>
学生課寮生活支援係
電話:0942-35-9318

平成30年度いじめ防止講演会を開催しました

久留米高専では、本科1年生217人を対象に本校カウンセラーの多田泰裕先生による「いじめ防止講演会」を平成30年6月20日(水)に開催しました。
講演では、「振り返りシート」を用いて、いじめだと思うことを記載したり、ワークシートで、「いじめの相談に対する考え方」について考え、いじめとは何か、いじめられている人を見つけた場合、助けてあげるにはどうしたら良いかを学びました。


多田先生(写真右上)より講演を受ける学生たち

<本件担当>
学生課学生生活支援係
電話:0942-35-9317

救命救急講習会を開催しました

平成30年6月25日(月)、久留米広域消防本部から講師を迎え、心肺停止時や負傷者の発生時に備えた救命救急措置の方法について、教職員向け講習会を本校D4教室にて開催しました。
救急隊が到着するまでの一次救命措置の重要性や、傷病者を発見した際の手順について講義を受けた後は、参加者全員が実際に胸骨圧迫や人工呼吸を訓練し、より具体的な内容で質疑応答が行われる等、充実した内容の講習会となりました。


講習会の様子

<本件担当>
総務課人事・労務係
電話:0942-35-9305

久留米高専学生寮にてヘルスチェックキャンペーンを開催しました

 学生寮では5月15日(火)に株式会社魚国総本社九州支社の協力のもと、ヘルスチェックキャンペーンを開催しました。今回のキャンペーンには約70名の寮生及び教職員が参加し、骨の健康チェック、推定血管年齢チェック、ストレスチェック、肌水分チェックといった様々なチェックを受けました。
 寮生たちは、測定結果に基づき、食事と健康についてアドバイスを受け、自身の健康を見直す良い機会となりました。


ヘルスチェックキャンペーンの様子

<本件担当>
学生課寮生活支援係
電話:0942-35-9318

久留米高専学生寮にて避難訓練を実施しました

学生寮では、4月20日(金)の放課後、1,2年の全寮生および新留学生、専攻科生を対象とした避難訓練を実施しました。今回は、学生寮建物の非常階段を利用した避難経路、集合場所及び点呼方法の確認並びに水害を想定して、久留米市指定避難場所である篠山小学校への避難を行いました。

当日は避難命令の寮内放送が流れると、寮生たちは非常階段を使って迅速に筑水寮玄関前に集合し、素早く点呼をとりました。井浦副寮長(生物応用化学科4年)および今富広報委員長(材料工学科4年)を先頭、井上消防副隊長(電気電子工学科3年)を最後尾に、適宜寮生会役員を列に配置させ、整然と避難場所への移動を行いました。移動開始から30分後には、篠山小学校周辺において筑水寮、つつじ寮あわせて参加者約70名全員の点呼確認を無事終えました。

昨年も一度、筑後川が危険水位を超えるといった事態が起こりました。有事の際に冷静・迅速に行動できるよう訓練を行うことにより、新入寮生たちは災害への意識も高まり、非常時の避難場所、避難経路や避難方法など数多くのことを確認できた様子でした。


寮避難訓練の様子

<本件担当>
学生課寮生活支援係
電話:0942-35-9318

久留米高専学生寮にて春の寮祭を開催しました

学生寮では、4月14日(土)の13時から21時に春の寮祭を開催しました。今回の寮祭は、文化委員長の片山君(生物応用化学科4年)が中心となってイベントを企画し、筑水寮とつつじ寮から、外国人留学生を含む約160名の寮生が参加しました。

日中は雨の影響もあり、第1,2体育館にて、グループに分かれてのスポーツ大会(ドッジボール、バスケットボール)を行い、十分に汗を流した後、夕方からはバーベキューパーティーを実施しました。雨風共に強く、17時ごろまでテントを立てるかどうか難しい判断を余儀なくされましたが、國武寮長(材料工学科4年)と片山文化委員長の的確な判断と迅速な対応により、テントを設営し、小雨が降り続く中ではありましたが、おいしい食事を囲んで、お互いの親交を深め合った楽しい寮祭となりました。


春の寮祭の様子

<本件担当>
学生課寮生活支援係
電話:0942-35-9318