カテゴリー別アーカイブ: 報告

お知らせのうち「報告」の内容です。

令和2年度 水災害避難訓練(ボートの入水テスト)を実施しました

6月に実施した大雨により本校に隣接する宝満川堤防が決壊し、小森野地区が浸水することを想定した「令和2年度水災害避難訓練」のうち、別日に実施することとしていました、ボートの入水テストを令和2年7月2日(木)に実施しました。

訓練に参加した教職員は、ボートの組み立て、空気入れの手順、4名で乗った場合に想定される事象の確認など、実際に水災害が発生した状況を想像しながら真剣に訓練に臨みました。

想定よりも組み立てに時間がかかることや、4名が乗った際の揺れなど、様々な問題点が浮かび上がり、今後の水害対策に生かせる訓練となりました。

組み立ての様子 入水の様子
2名乗りでのテスト 4名乗りでのテスト

 

<本件担当>
久留米高専総務課総務係
電話:0942-35-9304

令和2年度 水災害避難訓練を実施しました

令和2年6月26日(金)に大雨により本校に隣接する宝満川堤防が決壊し、小森野地区が浸水することを想定した「令和2年度水災害避難訓練」を実施しました。

久留米高専は一級河川の筑後川と宝満川が合流する小森野地区に位置し、筑後川避難判断マップでは、浸水が想定される地域とされています。

訓練に参加した教職員は、対策本部からの指示・連絡系統の確認、災害対策備品の運搬、学生及び教職員の避難場所への移動方法の確認など、実際に水災害が発生した状況を想像しながら真剣に訓練に臨みました。

訓練後の反省会で報告があった課題や改善点についてリスク管理室を中心に検討を重ね、より充実した久留米高専危機管理マニュアルに修正するなど、教職員の水災害に対する危機意識を高めることができました。

リスク管理室の様子 対策本部の様子
災害対策備品を運搬 学生寮の保存食

 

<本件担当>
久留米高専総務課総務係
電話:0942-35-9304

マスクの寄贈がありました

令和2年6月16日(火)、マスク(2,000枚)及びフェイスシールド(10枚)が久留米高専に寄贈されました。

マスク及びフェイスシールドは、市内の学生服専門店 株式会社丸広(マルヒロ)様から寄贈されたもので、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、久留米市内全ての小学校・中学校・高等学校等に配付されているとのことです。

本校へは、地元選出の衆議院議員で「高等専門学校を考える議員連盟」所属の鳩山二郎議員事務所を通じて寄贈の申し出があったものです。

寄贈のため、本校を訪れたマルヒロ代表取締役森光雅敏様より、「学生の皆さんや教職員の皆様に新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにご活用いただきたい。」とのお言葉を頂戴しました。

寄贈式では、昨年度開催した九州沖縄地区高等専門学校技術振興会サミットin KURUMEなどの取組も話題となりました。

マスクの寄贈を受け、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、学生及び教職員用として有効に活用させていただきます。

(左)本庄校長 (右)森光代表取締役 寄贈されたマスク及びフェイスシールド
寄贈式の出席者全員での記念撮影

 

<本件担当>
久留米高専総務課総務係
電話:0942-35-9387

久留米商工会議所からアルコール消毒液の寄贈がありました

令和2年5月25日(月)、久留米商工会議所からアルコール消毒液(純度70%、500mL)12本が久留米高専に寄贈されました。
消毒液は、市内の酒蔵「花の露」が製造したアルコール消毒液「富士」で、久留米市商工会議所から新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、久留米市内全ての小学校・中学校・高等学校等に寄贈されたものです。
消毒液に添えられた久留米商工会議所からの文書には次のようにありました。
「児童・生徒の皆さんや教職員の皆様にご活用いただき、手洗いの習慣と併せてご活用いただきますようお願い申し上げます。早期に新型コロナウイルス感染症が収束し、一日も早く日常の学校生活を取り戻すことができるよう祈念申しあげます。」
この寄贈を受けて、新型コロナウイルス感染症対策として校内各所に設置する消毒液として活用することになりました。

久留米商工会議所から寄贈された消毒液

 

<本件担当>
久留米高専総務課専門職員
電話:0942-35-9387

令和元年度 功労賞表彰式及び感謝状贈呈式を行いました

令和2年3月30日(月)に令和元年度の久留米工業高等専門学校功労賞表彰式を執り行いました。今年度は教員1名が表彰を受けました。

表彰式では、三川校長から松田特任教授に功労賞の表彰状が授与され、三川校長の祝辞後、松田特任教授より謝辞がありました。

引き続き、感謝状贈呈式が執り行われ、3月末で定年退職する三川校長に対して国立高等専門学校機構理事長(江崎教務主事代読)から感謝状が贈呈されました。

表彰式終了後は記念写真撮影を行い、校長室にて和やかな歓談がもたれました。

功労賞を授与される松田特任教授(右) 感謝状を贈呈される三川校長(右)
式典参加者の集合写真

 

<本件担当>
総務課人事・労務係
電話:0942-35-9305

生物応用化学科 渡邊准教授が第8回ものづくり日本大賞で優秀賞を共同受賞しました

本校生物応用化学科の渡邊准教授が、「第8回ものづくり日本大賞」において、製造・生産プロセス部門の「優秀賞」を共同受賞しました。

「ものづくり日本大賞」は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを着実に継承し、新たな事業環境の変化に柔軟に対応しながらさらに発展させていくため、ものづくりの第一線で活躍する各世代のうち、特に優秀と認められる方々を顕彰する内閣総理大臣表彰の制度です。

渡邊准教授は、中島ゴム工業株式会社(福岡県久留米市、代表取締役社長 中島幹雄 氏)が中小企業庁「戦略的基盤技術高度化支援事業」の採択事業として実施された研究開発事業に参画し、同社及び福岡県工業技術センターと産学官共同研究を行ってきました。
今回、共同研究の成果が評価され、中島ゴム工業株式会社 中島代表取締役社長をはじめ、同社及び福岡県工業技術センターの研究者等とともに「防振ゴム製品製造におけるVOC排出ゼロと製造コスト削減を実現する加硫接着プロセス」の優秀賞受賞に至りました。
金属とゴムを接着する加硫接着工程において、加硫接着剤を離型フィルム上に成形することでVOC(揮発性有機化合物)を排出しない工法を開発したもので、環境汚染や作業者の健康被害の防止、さらに、導入企業の製造コスト削減も実現させました。

 

三川校長、中武産学民連携テクノセンター長への受賞報告の様子

 

第8回ものづくり日本大賞
https://www.monodzukuri.meti.go.jp/index.html

広報くるめ 4~5ページ(久留米市HP)
http://www3.city.kurume.fukuoka.jp/shisei/

 

〈本件担当〉
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333

令和元年度卒業式・修了式を挙行しました

令和2年3月13日(金)10時より、令和元年度卒業式・修了式を挙行しました。新型コロナウイルス感染症への対応により、今年度の式典は卒業生、修了生及び本校教職員のみで行い、卒業証書・修了証書授与も、各学科、専攻の総代のみ氏名を読み上げる等時間を短縮しての実施となりました。

また、会場の第1体育館入口でのアルコール消毒、マスクの着用、会場の十分な換気等、感染防止を徹底しました。

三川校長は、告辞の中で、「新型コロナウイルス感染予防という社会的責任と列席者の皆さんや学生・教職員の皆さんの安全を考え、断腸の思いで決断しました。異例尽くしの卒業式・修了式になってしまったことについて言葉もありません。…技術科学を学んだ卒業生・修了生の皆さんの中から、将来、何らかの形で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の効果的な診断方法の確立やワクチンの開発と実用化など人類史的な事業に貢献される人が現れることを願う」と述べました。

教職員が見守る中、所定の課程を収めた本科生177名、専攻科生39名が本校を巣立って行きました。

各学科総代への卒業証書授与 校長告示の様子

 

●併せてご覧ください。

国立高等専門学校機構谷口理事長からの卒業式・修了式祝辞

国立高等専門学校機構谷口理事長からのビデオレター

 

<本件担当>
総務課総務係
電話:0942-35-9304

本校水泳部及び機械学科のOBの皆様からのご寄附によるハナミズキ植樹を行いました

2月21日、久留米高専において、本校水泳部OB(9期から14期卒)及び機械学科OB(12期卒)の皆様からの寄附金(久留米高専基金)により購入したハナミズキについて、水泳部OB代表者の皆様と一緒に植樹祭を行いました。

本校校門付近の環境整備として植樹したもので、晴天に恵まれ、OB代表者の森 秀樹様外3名の方々と、本校校長外数名の教職員と一緒に、和やかな雰囲気の中、植樹際を行いました。

OBの方々は新築されたプール設備などをご見学され、植樹際の後、校長室にて久留米高専談義に花を咲かせました。

出席者全員での記念撮影

 

〈本件担当〉
総務課総務係
電話:0942-35-9304

「高専ハカセ塾」が「第2回小・中学生ジュニア学会」を開催しました

1月25日(土)、久留米シティプラザにおいて、「第2回小・中学生ジュニア学会」を開催しました。

JSTジュニアドクター育成塾「高専ハカセ塾」の令和元年度の合同成果報告会として開催したもので、久留米高専及び有明高専、熊本高専の高専ハカセ塾受講生並びに仙台高専ジュニアドクター育成塾の受講生ら44組がポスターによる研究発表を行いました。
同会場にて開催された「第25回高専シンポジウム in Kurume」の一般公開企画として開催し、全国の高専の学生や教職員、一般の方々にも来場いただき、受講生は多くの来場者を前に堂々と発表していました。来場者から専門的な質問や助言を受けたり、他高専の受講生と交流を深めたりと、今後の研究の糧となる有意義な報告会になりました。
なお、ポスターの内容や説明に対し審査が行われ、久留米高専会場の受講生も優秀賞、奨励賞を受賞しました。

また、ポスター発表後には久留米高専 松田特任教授による講演「和算への招待」を実施し、受講生は、興味深く聴講していました。

(ポスター発表の様子) (ポスター発表の様子)
(ポスター発表の様子) (松田特任教授の講演)
(表彰式) (参加者皆で記念撮影)

 

―「高専ハカセ塾」とは―
高い意欲や能力を有する小中学生を発掘し、次世代科学技術を担う傑出した人材を育成することを目的としたプログラムで、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「ジュニアドクター育成塾」の採択事業として、有明高専・熊本高専・久留米高専の合同企画により実施しています。

公式HP:http://www.ie.ariake-nct.ac.jp/hakase/

 

〈本件担当〉
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333