カテゴリー別アーカイブ: 報告

お知らせのうち「報告」の内容です。

第3回高専ハカセ塾開催しました

8月10日(金)久留米高専において、高専ハカセ塾第3回目の授業を開催しました。今回から本格的な情報科学に関する授業のスタートです。

前半は、“ビーバーチャレンジによる情報科学入門”ということで、黒木教授の講義の後、年代別に分けられたビーバーチャレンジ(コンテスト)の問題に取り組みました。ビーバーチャレンジ(コンテスト)とは、情報オリンピック日本委員会が初等・中等教育段階の児童・生徒を対象として開催しているコンテストです。

配られた問題集を1時間かけて取り組む個人ワークでしたが、みんな真剣な面持ちで、そして、さすがハカセ塾メンバーだけあって、どんどん解答が進んでいました。

後半は、プログラミングに関する講義と実践でした。まず基礎知識の講義を受け、確認問題として、プログラミングのベースとなる2進法に関する問題を解いていきました。基礎知識を学んだ後は、パソコンを使ったプログラミングの実習をしました。メンターである本校学生のサポートを受けつつ、熱心に取り組む子供たちの姿が印象的でした。


〈本件担当〉
総務課企画情報係
電話:0942-35-9333

第2回高専ハカセ塾開催しました

8月3日(金)久留米高専において、高専ハカセ塾第2回目の授業を開催しました。第1回目が有明高専で行われたため、今回が久留米高専での最初の授業となりました。

授業では、お互い自己紹介を行った後、黒木教授から今後のスケジュール説明などがあり、その後、3名3チームに分かれて、「マシュマロチャレンジ」を実施しました。
マシュマロチャレンジとは、『パスタ、テープ、ひも、マシュマロを使って 自立可能なタワーを立てるチームビルディングの為のゲームです。最も高いタワーを作ったチームが優勝となります』(日本マシュマロチャレンジ協会(http://www.marshmallow-challenge-japan.org/),2018年8月6日)。

受講生たちは、より高いタワーを立てるべく、意見を出し合い、真剣に、そして楽しそうにチャレンジしていました。

〈本件担当〉
総務課企画情報係
電話:0942-35-9333

えーるピア久留米親子科学教室に講師を派遣しました

7月25日(水)えーるピア久留米にて、本校生物応用化学科渡邊勝宏准教授が講師となり、親子科学教室「マイクロカプセルを作ろう~身近なものを使って化学反応を体感しよう!~」が開催されました。

教室では、渡邊准教授の指導のもと、アルギニン酸ナトリウムと塩化カルシウムの化学反応を利用して、マイクロカプセルを作りました。スポイトから落とした溶液が、ビーカー溶液内で化学反応をおこし、カプセル状になると、子供たちから歓声が上がっていました。最後に、マイクロカプセルを小さい容器に移し替え、ひもを通して、ネックレスを作成しました。

参加した子供たちは、保護者・付き添いの方と協力しながら、楽しそうに実験に取り組んでいました。

〈本件担当〉
総務課企画情報係
電話:0942-35-9333

「高専ハカセ塾」始まります!~開校式の様子~

久留米高専では、有明高専と熊本高専の3高専4キャンパス合同で応募したプログラム(事業名「高専ハカセ塾」)が、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の次世代人材育成事業「ジュニアドクター育成塾」の採択を受けました。
このプログラムは、高い意欲や能力を有する小中学生を発掘し、将来の科学技術イノベーションを牽引するような傑出した人材を育成することを目的としたもので、有明高専、熊本高専2キャンパス、久留米高専を会場に実施されます。
今回、「高専ハカセ塾」の開校式が7月28日(土)有明高専において開催され、久留米高専会場に応募した、地域の小中学生10名と他の高専会場に応募した50名の小中学生が一堂に会しました。
開校式では、有明高専の高橋校長から「このプログラムを通じて知り合った仲間たちとお互いに成長しながら、次世代を担う若者に育って欲しい」との挨拶があり、その後、各高専のスタッフ紹介や特別講演会が行われました。
このプログラムは、本開校式に始まり、計14回開催され、12月末の成果発表会まで、数学・生物・コンピュタープログラミングなどの様々な専門的な授業や一泊二日の学外研修による各高専会場の受講生間の交流などが行われます。


開校式の様子

〈本件担当〉
総務課企画情報係
電話:0942-35-9333

「西の子土曜ジュク・アンビシャス広場~科学実験教室~」に講師を派遣しました

久留米高専では、去る7月14日(土)久留米市西国分校区コミュニティセンターで開催された、「西の子土曜ジュク・アンビシャス広場~科学実験教室~」において教育研究支援センターの職員が講師を務めました。
この催しは、西国分小学校よりの依頼を受け、同校の小学生を対象に自然及び科学的な事象を観察・体験させることで、科学への興味や関心を高めてもらうことを目的に開催されました。
当日は「音の科学教室」、「液体窒素教室」、「形状記憶合金教室」、「ダイラタンシー教室」の4つの体験コーナーを設け、事前に申し込みがあった45名の小学生が4班に分かれ、講師の説明に耳を傾けながら熱心に実験を行っていました。
また、最後の講師に対するお礼の挨拶をする際には、子供たちの喜びの声や多くの質問が寄せられました。


科学実験教室の様子

〈本件担当〉
総務課企画情報係
電話:0942-35-9333

夏季一斉休業の実施について(お知らせ)

 本校では、夏季一斉休業を実施しており、本年度は下記のとおり実施致しますのでお知ら
せ致します。
 休業中は、業務を停止致しますので、ご用のある方は、休業期間以外の平日にご連絡をい
ただきますようお願い申し上げます。
 ご不便をおかけ致しますが、ご理解、ご協力を賜りますようお願い致します。

                    記

 夏季一斉休業
  平成30年8月13日(月)から平成30年8月15日(水)の3日間

 緊急連絡先 :0942-35-9320(守衛室)

日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)を実施しました

久留米高専では、国立研究開発法人科学技術振興機構の日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)として、平成30年6月17日より、タイのキングモンクット工科大学ラカバン校、カセサート大学の学生を招へいし、6日間の交流プログラムを実施しました。
プログラム期間中は、招へい学生と本校学生との共同演習を行い、英語の授業における本科生との交流や、専攻科生との技術英語の授業では研究内容等に関する英語での発表に参加しました。
さらに、プログラミングラボ部やロボットコンテスト部との学生交流も実施され、ものづくり教育センターも見学しました。
また、学外見学では、安川電機,トヨタ自動車九州へ産業ロボットや機械工業に関する工場見学のほか、福岡県立青少年科学館を見学しました。
最終日の修了式では、三川校長から招へい学生へ修了証書の授与ののち、三川校長と招へい学生との懇談が行われ、学生からこのプログラムへの感想などが述べられました。
この事業を通じ、海外の大学との良い国際交流の場となり、招へい学生や本校学生も素晴らしい刺激を受けたことと思います。




交流事業の様子

<本件担当>
総務課総務係
電話:0942-35-9304

外国人留学生歓迎会を開催しました

平成30年6月25日(月)、本校ウェーブホールにおいて、外国人留学生歓迎会を開催しました。
三川校長の歓迎の挨拶のあと、学生会長、寮生会長から歓迎の言葉が贈られ、新入生外国人留学生2名は、それぞれ自己紹介・抱負を述べました。
歓迎会には、三川校長、外国人留学生委員会委員、鴨川日本語担当教員、在籍する外国人留学生、日本人チューター、学生会、寮生会、学生課職員が出席しました。
日本人チューターの自己紹介では、「長期休暇中に外国人留学生の母国にホームスティさせてもらった」等話があり、短い時間ではありましたが、外国人留学生と交流を深めることができ、
和やかな歓迎会になりました。

<本件担当>
学生課寮生活支援係
電話:0942-35-9318