月別アーカイブ: 2021年1月

KYFA 第27回 九州高等専門学校U-19サッカー大会で久留米高専が優勝しました

去る令和2年12月19日(土)、20日(日)、熊本県菊池郡大津町運動公園(スポーツの森・大津)にて、KYFA 第27回 九州高等専門学校U-19サッカー大会が開催され、本校が優勝しました。

決勝で、全国制覇28回の強豪、鹿児島高専に勝利しての優勝でした。

同時期、全国高等専門学校サッカー選手権大会代替大会が開催され、同大会に出場した鹿児島高専は1、2年生主体のチームでの参加、都城高専は参加辞退という状況下でしたが、本校も、4年生部員がおらず、3年生が2名という1、2年生主体のチームであり、鹿児島高専とほぼ同じ条件での勝利は意味のあるものでした。

来年度の九州沖縄地区高専体育大会を勝ち上がり、全国大会に出場する期待が膨らみます。

賞状を掲げるサッカー部および関係者 一同

 

<本件担当>
学生課学生生活支援係
電話:0942-35-9317

生物応用化学科3年生篠塚さんの善行を表彰しました

令和3年1月15日(金)校長室において、生物応用化学科3年生篠塚晶仁さんの善行に対する表彰式を行いました。

篠塚さんは、令和2年11月18日の夜、大野城市内で80代の女性に道を尋ねられた際の暗い路上での会話に違和感を覚え、最寄りの交番まで付き添いました。この女性の家族からは行方不明届けが出ており、篠塚さんの行動が早期の保護につながったとして、福岡県警春日署から感謝状が贈呈されています。

篠塚さんは「困っている人がいたら助けるという当たり前のことを当たり前にやっていきたい」と話しています。これは、中学生時代のサッカーの恩師の教えでもあるそうです。

このことは、インターネットニュースにも掲載されており、全国的に高専生のイメージアップにもつながる素晴らしい行動でした。

表彰状授与の様子(右:篠塚さん、左:本庄校長)

 

<本件担当>
学生課学生生活支援係
電話:0942-35-9317

令和2年度「高専ハカセ塾」の成果発表会・修了式を開催しました

1月23日(土)、久留米高専において、令和2年度「高専ハカセ塾(久留米高専会場)」の成果発表会及び修了式を開催しました。

成果発表会では、受講生が自分で決めた研究テーマについて、調べて考察したことをパワーポイント等にまとめて発表しました。質疑応答では他の受講生や教員、メンターからの質問に堂々と答えていました。
修了式では、久留米高専 本庄校長から一人ひとりに修了証書が授与され、久留米高専会場での活動を終了しました。

今年度の「高専ハカセ塾」は新型コロナウィルス感染症の影響で開校が遅れ、短い期間での自由研究は大変だったと思われますが、自身の興味を探求したしっかりとした発表ばかりで、今後の活躍が期待されるものでした。

成果発表中の受講生 成果発表中の受講生
修了証書授与 集合写真
ー高専ハカセ塾とはー
高い意欲や能力を有する小中学生を発掘し、次世代科学技術を担う傑出した人財を育成することを目的としたプログラムで、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「ジュニアドクター育成塾」の採択事業として、有明高専・熊本高専・久留米高専の合同企画により実施しています。
公式HP:http://www.ie.ariake-nct.ac.jp/hakase/

 

<本件担当>
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333

本校校門の学校銘板を新しくしました

令和3年1月20日(水)、校門に設置していた学校銘板を、新しいものに入れ替えました。

新しい銘板は、前校長の三川 譲二先生からの久留米高専基金へのご寄付により購入したものです。三川先生からの、キャンパスの環境整備並びに美化の一部として使用して頂きたい、というご意向のもと、学内委員会において種々検討した結果、老朽化が見られた学校銘板を新しくする事によって、キャンパス美化の一環とさせて頂くこととなったものです。

当日は快晴で、銘板設置後に学校関係者により記念撮影を行いました。あいにく緊急事態宣言発令中のため、県外にお住まいの三川先生には、ご参列を頂けなかった事が悔やまれました。

今後、沢山の学生や保護者の皆様、地域住民の皆様などの目に入る銘板ですので、学校内外に広くお知らせすると共に、ご寄付を頂きました三川先生には、教職員一同、改めて心からの感謝を申し上げます。

本校関係者による記念撮影 銘板全体の様子
夜間ライトアップした銘板の様子
―久留米高専基金とは―
本校の教育・研究活動、地域社会への貢献、国際交流推進、教育環境整備等の活性化を支援することを目的とし、その目的にご賛同頂ける方からの寄附を原資とした (1) 教育・研究の推進等支援、(2) 学生への奨学等支援、(3) 産学連携・地域貢献の支援、 (4) 国際交流活動等の支援、(5) キャンパスの施設・設備・環境の整備並びに美化の支援、(6) その他基金の目的達成に必要な支援、などの事業を行うものです。
※寄附者の方には、税制上の優遇措置が受けられます。寄附申込先URL https://www.kurume-nct.ac.jp/ON/G-GAD/kifu/kyoikukenkyushien.html

<本件担当>
総務課総務係
電話:0942-35-9304

中学生向け春季公開講座を開催します

久留米工業高等専門学校では、春休み期間中に中学生向け公開講座「エレクトロニクススクール ライントレースカーを作ろう」を開催します。
電子工作を通して、科学の不思議や面白さを体験しましょう!

講座名 エレクトロニクススクール ライントレースカーを作ろう
開催日時 令和3年3月26日(金)10:00~17:00
対象 令和2年度の中学1,2年生
受講料 無料
申込方法 WEB申込み・郵送
(郵送用申込書は久留米高専産学民連携テクノセンターのホームページにございます)
申込期間 令和3年2月22日(月)~3月5日(金)

詳細は下記をご覧ください。
「エレクトロニクススクール ライントレースカーを作ろう」 
(久留米高専産学民連携テクノセンターのホームページへ移動します)

<お問合せ先>
〒830-8555 久留米市小森野1-1-1
久留米工業高等専門学校 総務課総務係
電話:0942-35-9430

令和2年度 第9回「高専ハカセ塾」を実施しました

1月9日(土)、久留米高専において、「高専ハカセ塾」第9回目の講座を実施しました。

今回は、積雪による公共交通機関等障害が見込まれたことから、対面講座と平行してオンラインでの講座を実施しました。
講座では、1月23日に予定している成果発表会に向けて、学生メンターからパワーポイントの操作方法や分かりやすい発表資料を作成するための工夫について指導があり、その後は、受講生各自で自由研究を進めました。
オンラインで参加した受講生も、研究内容や資料の作成方法について随時教員やメンターに相談し、研究成果をまとめていきました。
今年度は、新型コロナウィルス感染症で高専ハカセ塾実施においてもさまざまな影響がありました。受講生も学業との両立など大変だったと思いますが、その中で取り組んできた研究の成果がどのように発表されるのか、発表会が今からとても楽しみです。

自由研究を進める受講生
―「高専ハカセ塾」とは―
高い意欲や能力を有する小中学生を発掘し、次世代科学技術を担う傑出した人財を育成することを目的としたプログラムで、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「ジュニアドクター育成塾」の採択事業として、有明高専・熊本高専・久留米高専の合同企画により実施しています。公式HP:http://www.ie.ariake-nct.ac.jp/hakase/

 

<本件担当>
総務課研究推進係
電話:0942-35-9333

 

久留米工業高等専門学校階層別研修会を実施しました

去る12月22日久留米高専において、事務職員を対象に「久留米工業高等専門学校階層別研修会」と題して第4回SD研修を実施しました。

今回は新型コロナウィルス感染防止のため、Microsoft Teamsを使用して講師と会場をつなぎ、部屋の換気、マスク着用、距離を保ったうえで行われました。

研修は、職場での業務改善と提案方法、レジリエンスと自己分析をテーマに、係長・専門職員を対象とした中堅職員研修、主任・一般職員を対象とした若手職員研修と2部構成で実施され、本研修で得た知識が仕事において活用されることが期待されます。

事務部長挨拶 中堅職員研修
若手職員研修

<本件担当>
総務課人事・労務係
電話:0942-35-9305